<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

主人の職場の忘年会

主人の職場の忘年会を"イタリア食堂 LA SOSTA"で行いました。

シェフより、「本日は、和の懐石をイメージした流れで、イタリアンの中にもフランス風をとりいれたフルコース仕立てと致しました。」との説明があり、お料理がスタート!
前菜1
d0230075_10482786.jpg

    根菜のバーニャカウダー ベーコンのディップ(写真右半分)    
    (シェフ談)
     根菜は、薄めの砂糖水であく抜きをし、サッと熱湯にくぐらせてあります。
     ベーコンのディップはベーコンをピュレにし、にんにく、白ワイン酢を加えてつくりま
     した。ちょっとした遊び心です。
    (感想)
     赤蕪、紅芯大根、ひのな大根に、ベーコンのディップをつけていただきました。
     ベーコンの香りが引き立ったディップで、これまでにあまり経験したことのない風味、
     味わいでした。根菜は、歯ごたえもちょうど良く、上品な味わいでした。
     あく抜きにかける手間が、何とも言えず上品な味わいに結びついていたのですね。

    鶏肉のロースト 柿ソース(写真左上)
    (シェフ談)
     鶏肉は甘みとよく合う食材で、秋から冬の季節を感じていただける様に柿でソースを
     作りました。
    (感想)
     柿が鶏肉のソースになるとは、意外でした。表面がカリカリと香ばしい鶏肉を、
     甘過ぎない、ほのかな柿の風味があるソースでいただきました。
 
    縞鯵のカルパッチョ(写真左下)
    (シェフ談)
     秋から冬が旬の縞鯵。ソースはにんにくとバジルで作ったジェノベーゼ。
     マッシュポテトをベースにすることで優しい味になります。
     バルサミコ酢の酸味、キャビアの塩味の組み合わせに、冬をイメージした
     京水菜(白雪)を添えました。 
    (感想)
     身の締まった縞鯵が、手間をかけ、工夫されたアレンジによって季節感あふれる
     贅沢な逸品になっておりました。

前菜2 トリッパ 
d0230075_1293855.jpg
  
    (シェフ談)
     2日間かけて仕上げました。大根の皮や香味野菜と一緒に煮、3回のあく抜き。
     その後、4~5時間掛けて、野菜と共にトマト煮込みにしてあります。
     この度は、コース料理の一品ですので、やさしい味に仕上げました。
    (感想)
     手間暇のかかった逸品であることが、口に入れた瞬間にわかりました。とろけるような
     感じ。臭みは全く無くて、程良い食感とトマトの風味がマッチしていて、思わず幸せな
     気分になりました。これまでに食した"トリッパ"の中で最高のお味だったと思います。
     丸田シェフの"トリッパ"は、最高です。。シェフの思いが込められたおりました。
     残念ながら通常メニューにはありません。。シェフと直接交渉してくださいね。

パスタ 牡蠣とポルチーニのパスタ
d0230075_10542950.jpg

    (シェフ談)
     牡蠣のにおいをおさえるために、前処理として白ワインで茹でてあります。
     ポルチーニは香りをしっかり出すために、乾燥のものを使用し、戻し汁を煮詰めて
     クリームを加え、ソースを作りました。食べやすさを考え、パスタは小さなマカロニに
     しました。
    (感想)
     香り高いパスタでした。ポルチーニの香りを牡蠣が邪魔していない、それにも関らず、
     牡蠣のうまみも味わえる、よくばりなパスタ。シェフの細やかな心遣いがわかるお料理
     でした。小さなマカロニ、食べやすかったです。

魚料理  小鯛と海老のムース 車海老添え 黒人参のソース
d0230075_1165871.jpg

    (シェフ談)
     おろした小鯛と海老、口当たりを柔らかく仕上げるために、卵白と塩のみで作った
     ムースを加え、蒸し焼きにしてあります。トッピングの黒鯛はムニエルです。
     黒鯛の骨でだしをとりました。魚の風味を大事にするために、焼かずに生の骨を使い
     白葱青い部分と一緒に使いました。
     黒人参のソースでは、黒人参の皮に、香りや栄養があるため、皮つきのまま使用しま
     した。黒人参を炒め、黒鯛のだし、白ワイン、ビネガーを入れて煮詰め、こしたものに
     カボスで少し酸味を加えました。
    (感想)
     皮がパリッと香ばしくムニエルされた黒鯛。その下には、ふわふわムースが。
     対照的な食感が楽しめました。程良く調理された車海老と珍しい黒人参(右)。
     黒鯛の旨味が入った黒人参のソースは絶品です!

肉料理  子羊と和牛のフィレ肉ステーキ
d0230075_12495793.jpg

    (シェフ談)
     子羊に、にんにくをぬり、60分置くことで、香り良く焼き上げてあります。
     ほのかな甘味を加えるために薩摩芋のピュレと組み合わせました。
    (感想)
     子羊は、柔らかく、ソースの程良い甘さがより一層、美味しさを引き立てておりました。
     和牛フィレステーキにも、ソースが合って、柔らかさ、焼き加減がちょうどよかった
     です。

パン
d0230075_1352111.jpg


ドルチェ  林檎のスープ
d0230075_13522893.jpg

    (シェフ談)
     女性の方に、驚きと共に楽しんでいただきたいと思い、1つの林檎を3つの料理方法で
     作ったドルチェです。口に入れると、冷たいけれど温かい、甘いけれどほのかな酸味
     それぞれの林檎をお楽しみください。ガトーショコラが全体の味を引き締める一品と
     なってます。少し変わったクリスマスをイメージしました。
    (感想)
     ドルチェのお皿がサーブされてから、林檎のスープがそそがれ、とても贅沢な気分に
     なれました。シャキシャキ林檎、コンポート、スープ。これまでに経験のない組み合わ
     せ、それぞれ十分に楽しむことが出来ました。シェフの柔軟な思考に感謝!

ドリンク  カフェラテ
d0230075_13524854.jpg

    (感想)
     かわいい絵を描いていただきました。エスプレッソメーカーで入れていただいたコーヒー
     美味しかったです。   

以上、一人10,000円のコースです。
心のこもったお料理。
手間暇かけて作っていただいたお料理。
どの一品をとっても、嬉しくなってしまうほど、美味しかったです。
野菜も多く、カローリー控え目に感じました。ヘルシー指向ですね!
お値段の価値は十分にありました。
丸田シェフの腕前に感激!


こちらは、チャイルドプレートです。
d0230075_13525828.jpg

お子様用ドルチェです。
d0230075_13531478.jpg

子供達も、大喜びでいただきました。

最後に、シェフの野菜へのこだわり・・・
 畑で出来るメニューが結構あります。野菜に、包丁を入れた時、水分が多ければ、そのままが良いと思う。。。
 手間暇かけて作っていただいた野菜。全部使いたい。美味しい料理にしてこそ、野菜を作った方への感謝の気持ちを表すことが出来る。
 食べていただいた方の「美味しい」の一言が最高に嬉しいです。

by LA_SOSTA | 2011-12-15 22:00 | ラ ソスタ  

クリスマスディナー試食会

クリスマスディナーの試食会を開催致した。
といっても、ローカルイベントですが。

丸田シェフが、力を込めて作り上げたフルコースディナーです。

前菜 トマトの米サラダ詰めと鮪の軽いマリネ その他盛合せ
d0230075_11363469.jpg

   トマトとお米の意外なマッチングに驚き。
   マリネは、あっさり味で、種類もあり、満足。
   もっちりライスコロッケは、嬉しいボリューム。

パスタ 小さいマカロニの鶏肉入りトマトソース
d0230075_114152.jpg

    酸味のあるトマトソースが、小さいマカロニに良くからんでいて絶妙。
    トッピングの鶏肉は、皮がからりとしていて美味。

魚料理 鮮魚のフィレンツェ風
d0230075_11511233.jpg

    魚、ほうれん草とホワイトソースの相性が良く、さらにまわりのソースが
    アクセントになっておりました。このソース、気に入ってしまい、
    パンで最後までいただきました。

肉料理 国産牛フィレ肉のグリエと合鴨のロースト 有機野菜添え
d0230075_11553524.jpg

    大好きな合鴨と、ステーキが一緒に味わえ、幸せでした。
    ソースは、和風テイストのあっさり系。
    豊富なお野菜も嬉しいです。

パン  バケット

ドルチェ ラ ソスタ風ズッパ クリスマス仕立て
d0230075_11135932.jpg

    かわいいサンタさんは、ミニトマトで出来ていてあっさり味。
    盛合せで、色々なお味が楽しめます。

エスプレッソ


手作りの優しいお味にも、美しい彩りにも、きっとご満足いただけるものと思っております。
クリスマスの3日間(12/23~12/25)限定のメニューです。
d0230075_1282268.jpg

みなさまのお越しを心より、お待ちしております。

by LA_SOSTA | 2011-12-10 14:29 | ラ ソスタ